現在地

新着情報

セドリック・ジロー学術講演会 中世から近世までのキリスト教的瞑想 ‒ 信心 devotio と観想 contemplatio のはざまで ‒

2018年2月15日(木)に、筑波キャンパスにてCédric Giraud氏(仏国ロレーヌ大学史学科上級准教授)のフランス語による講演会を開催します。

【日  時】2018年2月15日(木)15時から18時まで
【場  所】筑波大学 筑波キャンパス 人文社会学系棟A722会議室(7階)
【主  催】筑波大学大学院人文社会科学研究科哲学・思想専攻 主催
【使用言語】フランス語 ※質疑応答には逐次通訳がつく予定
【問合せ先】人文社会系 准教授・津崎良典
     ※問い合わせは電子メールにてお願いします。(tsuzaki.yoshinori.gn@u.tsukuba.ac.jp) 

セドリック・ジロー学術講演会 中世キリスト教霊性における〈情動性 affectivité〉

2018年2月17日(土)に、上智大学四谷キャンパスにてCédric Giraud氏(仏国ロレーヌ大学史学科上級准教授)のフランス語による講演会を開催します。

第五回フランス語によるフランス哲学セミナー 〈プレイヤッド叢書〉中世キリスト教霊性詞華集の編纂に挑む - 文学と霊性のあいだで-

2018年2月13日(火)に、東京キャンパスにてCédric Giraud氏(仏国ロレーヌ大学史学科上級准教授)のフランス語によるセミナーを開催します。

【日  時】2018年2月13日(火)16時から18時まで
【場  所】筑波大学東京キャンパス 557ゼミ室(5階)
【主  催】筑波大学大学院人文社会科学研究科哲学・思想専攻 主催
【使用言語】フランス語
【問合せ先】人文社会系 准教授・津崎良典
     ※問い合わせは電子メールにてお願いします。(tsuzaki.yoshinori.gn@u.tsukuba.ac.jp) 

【ご案内】人文社会系学術展示室について

人文社会学系棟2階A210室では、人文社会系における研究を広く内外に発信するため、
「人文社会系学術展示室」をオープンしています。
展示室では、人文社会系教員の著書・訳本のほか、国内外の遺跡から発掘された遺物や、
東京高等師範学校・東京教育大学時代の所蔵品などを公開しております。

また、人文社会系のリサーチユニット(研究者グループ)の研究内容をパネル展示して
おりますので、お気軽にお立ち寄りください。

【イベント】7月14日(金)遺伝研メソッド講習会及びシンポジウム開催のお知らせ

7月14日(金)に,国立遺伝学研究所から講師をお招きし,遺伝研メソッド講習会ならびにシンポジウムを開催します。筑波研究学園都市の研究者でしたら,どなたでもご参加いただけます(要事前登録)。是非,ご参加ください。

開催日時:
平成29年7月14日(金) 10:00-11:30 遺伝研メソッド講習会
平成29年7月14日(金) 14:00-16:00 シンポジウム…人社系研究と遺伝研メソッドをどう接合させるか

場所:
筑波大学 中地区 第2エリア 総合研究棟A110(茨城県つくば市天王台1-1-1)

アクセス:
関東鉄道バスをご利用の方は,つくば駅(つくばセンター)から筑波大学中央行き又は筑波大学循環バスを乗っていただき,「筑波大学中央」で下車してください。

第三回フランス語によるフランス哲学セミナー「フランソワ・ド・サルによる瞑想」

パスカル、フランソワ・ド・サルに関する文学・哲学・神学霊性的アプローチの研究で著名なエレーヌ・ミション上級准教授(仏国フランソワ・ラブレー大学)のフランス語によるセミナーを東京キャンパスにて開催します。

2017年2月15日16時から18時半まで,
筑波大学東京キャンパス557ゼミ室,
筑波大学大学院人文社会科学研究科哲学・思想専攻主催,
研究者・学生・一般対象,
参加費無料,
問合せ先:津崎良典(tsuzaki.yoshinori.gn@u.tsukuba.ac.jp

エレーヌ・ミション学術講演会「フランソワ・ド・サルにおける祈り、行動、そして「生の法悦」:一般信徒のための新しい霊性」

パスカル、フランソワ・ド・サルに関する文学・哲学・神学霊性的アプローチの研究で著名なエレーヌ・ミション上級准教授(仏国フランソワ・ラブレー大学)の講演会を東京キャンパスにて開催します。
講演はフランス語ですが、必要に応じて逐次通訳がつく予定。また、日本語訳を配布予定。

2017年2月13日16時から18時半まで,
筑波大学東京キャンパス116講義室,
筑波大学大学院人文社会科学研究科哲学・思想専攻主催,
研究者・学生・一般対象,
参加費無料,
問合せ先:津崎良典(tsuzaki.yoshinori.gn@u.tsukuba.ac.jp

「海外教育研究ユニット招致プロジェクト始動」のお知らせ

 筑波大学人文社会系では、2014年度〜2018年度の5年間、ドイツ・ハンブルク大学アジア・アフリカ研究所インド学チベット学研究室の3名の教授を本学教授として招聘することとなりました。3名の先生方は交代で年に2〜3ヶ月本学に滞在し、教育・研究活動を行います。

ページ

Subscribe to 新着情報